神戸デザイン都市をご紹介

若松公園の鉄人28号のデザインがすごい

若松公園は兵庫県神戸市長田区にある公園です。 公園面積12,160平方メートルでアスレチック遊具などを備えた運動広場などがあります。 1995年の阪神淡路大震災の際には被災者の避難所となりました 2009年には『KOBE鉄人PROJECT』による鉄人28号のモニュメントが設置されました。 この鉄人のデザインがすごい!

神戸まつり「長田フェスティバル」開催時の会場となります。 震災前までは専用ステージの備わった若松公園グラウンドで行われていましたが、震災によりグラウンドに仮設住宅が建設された事。 そして市街地再開発計画による公園の改修のため、1996年から2009年までは新長田駅前広場での開催となりました。鉄人28号モニュメント竣工の翌2010年には16年ぶりに新しく生まれ変わった当公園の鉄人広場で開催されました。

長田神社は神戸を代表する名社のデザイン

長田神社は兵庫県神戸市長田区長田町にある神社です。 旧社格は官幣中社、廣田神社・生田神社とともに神功皇后以来の歴史を持つ名社とされます。 生田神社や湊川神社とともに神戸を代表する神社の一つです。 宝物庫はひょうごっ子ココロンカードの無料対象にもなっています。

『日本書紀』によると神功皇后摂政元年、神宮皇后が三韓征服後、新羅から難波に帰還する途中、武庫の水門で船が進まなくなりました。 そこで占ったところ、事代主の神より「吾を長田國に祀れ」と神託を受け、創祀されたといいます。 この由緒から、2001年には鎮座1,800年を祝ったのです。 太古から長田神社と呼ばれていたのですが、長田社・長田宮・長田大明神・摂津本宮長田大明神とも呼ばれていました。

シューズプラザの赤い靴のモニュメントのデザインが素敵!

シューズプラザとは兵庫県神戸市長田区に存在するショッピングセンターです。 建物の前に設置されている赤い靴をデザインした大きなモニュメントのデザインがとても素敵です。 震災からの復興と「くつのまち」とも呼ばれている長田区の活性化を目的として2000年に開設されたました。 「シューズの元気は、神戸の元気だ!」がキャッチコピーです。

ここには昔ながらの靴職人さんがいて、ぴったり足に合うような靴を選んでくれたり、中敷きを合わせてくれたり、いろんな相談にのってくれます。 靴が合わなくて悩んでいる方は、長田のシューズプラザの靴職人のおっちゃんに相談してみてください。