神戸デザイン都市をご紹介

桜の時期の夜の雪御所公園は大変幻想的です

雪見御所は平安時代末期に摂津国福原京(現・兵庫県神戸市兵庫区雪御所町)にあった平清盛の邸宅です。 雪之御所や雪御所とも呼ばれます。

仁安3年に出家した清盛は遁世生活に入り、福原に別荘である雪見御所を構えて日宋貿易拡大の拠点としたのです。 『山槐記』治承4年11月21日に安徳天皇の本皇居を「禅門の家、雪御所の北なり」と記しています

現在では小さなお子さんやお年寄りが、のんびりするスポットになっています。 川に囲まれた川沿いの桜や紅葉が美しく、ベンチで花々や空を見上げながらお弁当を食べると大変癒されます。 桜の時期は夜間にぼんぼりが灯され、とても幻想的な雰囲気です。

兵庫運河の周りには歴史観光資源がたくさん

兵庫運河は神戸市兵庫区にある5つの運河(兵庫運河・兵庫運河支線・新川運河・苅藻島運河・新湊川運河)の総称です。 非常に風波が高くて、古来船舶の航行が困難だった和田岬を迂回するためのバイパスとして作られました。 全長6470メートル、水面積337300平方メートル。 運河周辺には大輪田泊や兵庫津に関連する歴史観光資源が点在しています。

平成22年9月11日に「兵庫運河祭」が兵庫区切戸町の新川運河キャナルプロムナード一帯で開かれました。このイベントは地元の行政機関(神戸市・兵庫区役所)、周辺にあるホームズスタジアム神戸からヴィッセル神戸や中央卸売市場から神港魚類などの地元企業、地元の住民達が協力して開催されていました。 2001年から毎年開かれて今年で10回目の開催でした。 運河周辺再整備による「新川運河キャナルプロムナード」を見てもらおう、知ってもらおう、使ってもらおうというイベントです。

神戸アートビレッジセンターは創造型芸術文化施設

神戸アートビレッジセンターは兵庫県神戸市にあるギャラリー・劇場・多目的ホール・スタジオを備えた創造型芸術文化施設です。 略称はKAVC。

若手芸術家育成と新開地再生を主たる目的として、神戸市により1996年(平成8年)開設されました。 現在に至るまで演劇、美術、映像、音楽等の制作・練習・発表・鑑賞・交流の場を広く一般に提供し続け、神戸における"アートの拠点"の一つとなっています。 開館当初から運営を受託してきた大阪ガスビジネスクリエイトが2009年(平成21年)からは指定管理者として引き続き運営を担っています。