神戸デザイン都市をご紹介

メリケンパークのポートタワーのデザインがかっこいい!

メリケンパークは神戸市中央区の神戸港にある公園のことです。 神戸港事業の一つとして昭和62年に、かつてのメリケン波止場と神戸ポートタワーが建つ中突堤の間を埋め立てて造成されたました。

そこに神戸海洋博物館やホテルオークラなどが建設され、神戸港を代表する景観の一つとなっています。 北側には昭和62年、著名建築家フランク・ゲーリー作の「フィッシュ・ダンス」という開港120周年を記念するオブジェが設けらました。 中央芝生には1990年に第1回神戸ファッションフェスティバルを記念する鐘楼「オルタンシアの鐘」が設置されました。 東側の一画には平成7年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)で崩壊したメリケン波止場をあえて復旧せず、そのまま残して平成9年に神戸港震災メモリアルパークとして整備、震災の貴重な記録が保存されています。

北野異人館街のレトロなデザインが素敵!

兵庫県神戸市中央区の北野町山本通には外国人の住宅が多数残っています。 1977年放送のNHK連続テレビ小説『風見鶏』などで北野異人館街として広く知られるようになりました。 その一部が公開されて観光名所にもなっています。 1980年に北野町山本通は種別「港町」で重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。 (種別「港町」では全国初の選定)。 「異人館通り」とは山本通の別称です。

海を見下ろす高台で、異国の文化と歴史を体験する旅を経験してください。 三宮から山側へ、ゆるやかな坂道を登りつめると、そこは異人館の街・北野です。 トンガリ屋根に風見鶏がチョコンと乗った風見鶏の館は北野のシンボルです。 また小学校のレトロな建物を利用した北野工房のまちは、「神戸ブランド」を制作できる体験工房となっています。 神戸の味と文化が楽しめる、エキゾチックな散策にぴったりのエリアです。

ルミナスの流線的で豪華なデザインが洗練されています

ルミナス神戸は神戸港中突堤から出航する旅客船で日本最大の食事ができるレストラン船です。 世界最長のつり橋・明石海峡大橋をはじめ、神戸の美しい風景を壮大なスケールで愉しめます。 贅沢で上質な時間がゆったりと流れる豪華レストランシップとなっています。 ルミナスクルーズ株式会社により運航されています。 日本最初のレストラン船の一つとされる初代ルミナス神戸に代わり1994年に就航しました。 総トン数4,778t、旅客定員1,000名という大きな船体になり、外観や内装ともにフランス客船ノルマンディー号をイメージした豪華な造りになっています。

壮大なスケールで未体験のときめきを贈ってくれる明石海峡クルージング。 レインボーに輝く大橋のライトアップと神戸市内の煌く夜景。 アールデコ調のデザインに統一されて充実した設備を備えた船内は、豪華客船ならではの贅沢な時間がゆったりと流れます。